鉛筆デッサンで白いものを描くとき、『白い物だから、明るい面は白く残そう』と紙の地を広く残して描き進め、終わってみると質感・立体感が弱く、存在感まで薄くなっている…。こうならないためには、どうするのが良いのでしょう?

(これからときどき、生徒さんからの疑問・質問にお答えする記事を書いていけたらと思っています。気まぐれなので頻度は低いかもしれませんが、痒い所に手が届く記事を目指します…!)

結論から言うと、白いもの(色の薄いもの)を描くときでも、明るい面に色をのせることを避けてはいけません。そこにもちゃんと、質感や明度の差があるからです。

こちらの野球ボールのデッサンを見てみましょう。

恐らく合皮のボールですが、広い範囲で明るい面に手が入っていないことで、固さや手触りなどを想像しにくく、質感が曖昧になっています。

上面の回り込み部分では、色をのせていないことで、輪郭線を描かなければ面が見えず、平面的になっています。白さが出せてもモチーフの特徴が弱くなってしまっては、良いデッサンとは言えません。

明度の高いところもしっかり描きこもう

今度は明るい面にも薄っすらと調子をつけているデッサンです。光が少し映っている様子まで描き込めるので、微妙に艶があるんだなと分かります。先ほどの絵で輪郭線を描いていたところは面となり、奥へ回り込んでいく感じが分かります。

とはいえ、白いモチーフですから、ゴリゴリ塗れば良いということでもありません。筆圧を軽くして薄い一定の調子をつけられるように、優しく色を重ねていきましょう!